2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2007'03.25 (Sun)

読んでみた
もう何度読んだだろう 
私に訪れるその時は きっと涙で読めないだろう。

A THOUSAND WINDS
千の風の詩


Do not stand at my grave and weep,
私の墓標の前で泣かないで
I am not there, I do not sleep.
本当の私はそこには眠ってないのですから。

I am a thousand winds that blow,
私は、千の風になってこの世を廻ってます。
I am the diamond glints on snow,
ある時は、ダイアモンドのようにきらめく雪になり
I am the sunlight on ripened grain,
またある時は、豊かな実りを照らす日の光になって。
I am the gentle autumn's rain.
そしてまたある時は、柔らかで優しい秋の雨になってあなたに降り注いでいるのです。



When you awake in the morning hush,
あなたが朝の閑けさの中、目覚める時、
I am the swift uplifting rush of quiet in circled flight.
私は、静かに舞い上がり、急いで飛び立つつばめになっているでしょう。
I am the soft star that shines at night.
そして、夜には、優しく照らす星の光になっているのです。


Do not stand at my grave and cry.
どうか私の墓標の前で嘆き哀しまないで
I am not there, I did not die.
私は、そこにはいないのです。
現し身の私が死んでしまっても、本当の私は死んでないのですから・・・。


   Author Unknown(作者不詳)
  日本語訳 しっぽママ
                         melomamacookie-1.jpg

08:56  |  クーママ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

いつでも傍に居てくれる・・・・・そんな錯覚が何処かにあって、ふと現実に気が付くと。
悲しかったり辛かったり、そして怖かったり。
でもその分家族を愛している証拠なんですね。
nori | 2007年03月25日(日) 15:18 | URL | コメント編集

★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2007年03月25日(日) 20:51 |  | コメント編集

★noriさんへ

このところクーちゃんの事、天使になったお友達の事などでブルーな気分だったみたいです
でも、もう大丈夫、桜も咲き始め鶯が鳴いて気持ちもウキウキする季節ですもの、楽しまないとね。
クーママ | 2007年03月26日(月) 08:56 | URL | コメント編集

★○○さんへ

コメント読みました、了解です。
これからもよろしくお願いします。
クーママ | 2007年03月26日(月) 08:57 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |